ドッグフード子犬用成犬用の違い@パピーフードから切り替えは必要?


初めて子犬(パピー)をお家に迎える時に重要なのはドッグフード選びです。ドッグフードには子犬用(パピー用)、成犬用、シニア犬・老犬用など色々な種類のドッグフードがありますが、子犬フードから成犬用のフードに替えるタイミングはどうすればよいのでしょうか。そもそも、なぜ子犬用(パピー用)から成犬用のドッグフードに替えなければいけないのか、子犬(パピー)から成犬になるまで切り替えなしで食べられるドッグフードはないのかについてまとめてみました。子犬(パピー)のドッグフード選びで悩んでいたり、子犬用(パピー用)から成犬用ドッグフードに切り替えを考えている飼い主さんに、ドッグフードの選び方と、おすすめドッグフードも紹介しているので参考にしてください。

 

>>そもそもドッグフードとは?

 

【このページの目次】

 

1 子犬用(パピー用)ドッグフードと成犬用ドッグフードの栄養と特徴
・ドッグフード子犬用(パピー用)の栄養と特徴
・ドッグフード成犬用の栄養と特徴

 

2 ドッグフード子犬用(パピー用)とドッグフード成犬用の違い
・子犬用(パピー用)と成犬用ドッグフードの違い
・子犬用(パピー用)から成犬用ドッグフードに切り替えるタイミング
・子犬用(パピー用)から成犬用ドッグフードになぜ切り替えないといけないのか

 

3 子犬用(パピー用)ドッグフードの選び方
・良質の動物性たんぱく質を使っているドッグフードを選ぶ
・良質の脂質を使っているドッグフードを選ぶ
・グレインフリーのドッグフードを選ぶ

 

4 子犬(パピー)・成犬・シニア犬・老犬まで切り替えなしのドッグフード

 

5 子犬(パピー)と切り替え時期におすすめなドッグフード
・子犬(パピー)から成犬まで切り替えなしドッグフード「モグワン」
・子犬(パピー)から成犬まで切り替えなしドッグフード「カナガン」
・子犬用(パピー用)から成犬用に切り替えるなら「ナチュラルドッグフード」

 

6 子犬用(パピー用)と成犬用ドッグフードの違い−まとめ−

 

 

子犬用(パピー用)ドッグフードと成犬用ドッグフードの栄養と特徴

まずは、子犬用ドッグフードと成犬用ドッグフードの栄養の違いと特徴を確認しておきましょう。

 

ドッグフード子犬用(パピー用)の栄養と特徴
子犬用(パピー用)のドッグフードは、成犬用ドッグフードと比べると、栄養価が高く高カロリーというのが特徴です。子犬(パピー)は、これから体の基礎を作り体を大きく成長させなければならないので、成犬の2倍ものカロリーが必要とされていて、丈夫で健康な体を保つためにもしっかりとした栄養とカロリーを摂取する必要があります。
しかし、子犬(パピー)は体が小さいため成犬の2倍ものドッグフードを食べることなどできませんし、まだ消化器が発達段階なので高たんぱくで消化が良いドッグフードでないと小さな体に負担がかかってしまいます。だから子犬用(パピー用)のドッグフードは少量でも十分な栄養が摂れるように栄養価が高く、高カロリーで、消化吸収がよいドッグフードが必要なのです。

なので、多くの子犬用(パピー用)ドッグフードは、消化吸収がよく少量でも即エネルギーに替えられるような、高たんぱく高カロリーのドッグフードが多いのが特徴なのです。

 

 

ドッグフード成犬用の栄養と特徴
成犬はもう成長が止まっているので、子犬のようにドンドン体長と体重を増やす必要はなく子犬用ドッグフードほどのカロリーは必要ありません。室内犬など運動量が少ない犬や、避妊手術、去勢手術をした犬は太りやすいので、肥満を防ぐために「高たんぱくで低カロリードッグフード」や「ダイエットサポートドッグフード」「低カロリードッグフード」などの、カロリーを低めに設定したドッグフードが大半を占めています。

 


ダイエットサポートのドッグフード以外にも、毛並みを良くすることに特化したドッグフードや、関節サポート成分が多く配合されたドッグフード、アレルギー対策ドッグフードなど様々な悩みに対応した成犬用のドッグフードが販売されています。また、犬種別の悩みに対応した「犬種別ドッグフード」などもあります。

>>当サイト限定!初回50%OFFで購入できる「モグワンドッグフード」公式ページはコチラ!

 

 

ドッグフード子犬用(パピー用)とドッグフード成犬用の違い

子犬用と成犬用のドッグフードの特徴がわかったところで、違いを確認していきましょう。

 

子犬用(パピー用)と成犬用ドッグフードの違い


子犬用ドッグフードと成犬用ドッグフードの大きな違いは「栄養価」と「カロリー」です。子犬用ドッグフードは体を大きく成長させるために、高カロリーで高い栄養価になっていますが、成犬用は低カロリーのものがほとんどです。昔のように庭で放し飼いにされている犬はほとんどいなくなり、人間とともに家の中で大切に育てられている犬が増えているため、運動不足の犬が多くなっています。
ドッグフードでカロリーを摂りすぎてしまうと、室内飼いをしてる犬は運動量も少ないので太ってしまい、関節や腰などの病気にかかりやすくなるだけではなく、内臓にも負担がかかり様々な病気の原因になってしまいます。なので、子犬用(パピー用)ドッグフードが高カロリー高たんぱくなのに対して、成犬用ドッグフードは低カロリーで高たんぱくなものが多くなっています。
また、肥満犬用「ダイエットサポートドッグフード」や、犬の悩みをサポートしてくれる成犬用の悩み別のドッグフードなども販売されています。

 

 

子犬用(パピー用)から成犬用ドッグフードに切り替えるタイミング


子犬用(パピー用)ドッグフードから成犬用ドッグフードに切り替えるタイミングは、犬種によって異なります。それは小型犬、中型犬、大型犬によって成犬(体の成長が止まる)になる時期が異なると言われているからです。

 

小型犬→9か月
小型犬の代表的な犬種→チワワ、トイプードル、パグ、ミニチュアダックスフント、ポメラニアン、他

 

中型犬→12か月
中型犬の代表的な犬種→ビーグル、ブルドッグ、他

 

大型犬→18か月
大型犬の代表的な犬種→ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、シベリアンハスキー、ドーベルマン、秋田犬、他

 

それぞれの犬種が成犬になる時期に合わせて、子犬用ドッグフードから成犬用ドッグフードに切り替えるようにしましょう。

 

 

子犬用(パピー用)から成犬用ドッグフードになぜ切り替えないといけないのか
子犬用から成犬用のドッグフードに切り替える理由は「それぞれが必要としている栄養バランスの変化」と「消化吸収機能の違い」です。子犬は、胃腸が未発達で成犬ほど消化吸収能力が高くないので、消化吸収がよいドッグフードになっていますが、その子犬用(パピー用)ドッグフードを成犬が食べると消化吸収が良すぎるあまり、腹持ちせずに量を食べすぎてしまい肥満を招きます。
子犬(パピー)は、成長するために成犬の2倍以上のカロリーを必要としますので、少量でも高い栄養価を得ることができる「高カロリー食」が基本のため、子犬用(パピー用)ドッグフードはほぼ全てが「成犬用ドッグフードよりも高カロリー」です。だから成犬になっても子犬用ドッグフードを食べ続けると、太ってしまう危険があるのです。

高カロリーな上に消化吸収がよい子犬用ドッグフードを成犬が食べ続けると、ダブル効果で犬の肥満は、関節炎や腰痛、など生きていく上で様々な支障をきたす病気の引き金になります。子犬用(パピー用)ドッグフードは、それぞれの犬種が成犬になるタイミングで卒業して成犬用ドッグフードに移行しましょう。

 

 

 

子犬用(パピー用)ドッグフードの選び方

それでは、子犬用ドッグフードの選び方のポイントを解説していきますね。

 

良質の動物性たんぱく質を使っているドッグフードを選ぶ


子犬(パピー)の時期に大切なのは「消化吸収が良い良質な動物性たんぱく質と動物性脂質」です。要するに「質がよい肉」が必要ということです。子犬(パピー)は、成長スピードが速く成犬の2倍ものカロリーが必要で、タンパク質にいたっては4倍も必要になります。筋肉などの体の組織を猛スピードで作っているので、成犬と同じような食事をしていても、体の成長に栄養補給が追い付かず、貧弱で不健康な体になってしまいます。
もし、成犬用ドッグフードで必要なたんぱく質を補おうとしたら、成犬の数倍食べなければいけない計算になりますよね。ところが、子犬(パピー)は消化機能がまだまだ未熟なので、成犬の数倍どころか同じ量のドッグフードも食べることができません。だから、消化吸収が良い上に少量でもしっかり栄養が摂れる良質なお肉を使った動物性たんぱく質がたっぷり配合されたドッグフードを選んであげるようにしましょう。

 

 

良質の脂質を使っているドッグフードを選ぶ


脂質は犬にとって大切な栄養素のひとつで、犬が走ったり元気に活動するときの大切なエネルギー源となります。

また、犬が自ら体内で生成できない脂肪酸などもドッグフードから摂取できるので、良質な脂質を使っているドッグフードを選ぶことが大切なんです。どのドッグフードにも「脂質」が配合されていると思いますが、その脂肪が「何の脂肪」なのかをはっきりさせる必要があります。
動物性脂肪や動物性油脂など何の脂肪か明記されていないものは酸化が速いため「酸化防止剤」などの添加物を使用していることが多く、人間には使ってはいけないような発がん性が報告されている酸化防止剤を使用している場合があります。そのような酸化防止剤は、体の小さな犬への影響は計り知れません。酸化防止剤から愛犬を守るためにも、鶏油 鶏レバー油 ラム精製油 サーモンオイル ニシンオイルなど、パッケージや公式サイトに使用されている油脂がはっきりと明記されているドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

 

グレインフリーのドッグフードを選ぶ


最近よく耳にするグレインフリードッグフードのグレインとは穀物を指します。なので、グレインフリードッグフードとは、穀物不使用のドッグフードということです。元々犬は肉食動物なので、穀物はほとんど口にしません。犬も現代は雑食になってきたと言われますが、実は穀物を消化することは消化器が発達した成犬でも苦手としています。

 

しかも、グレインを子犬のうちに食べると成長の過程でアレルギーになる確率が高くなるとも言われており、穀物の中でもグルテンと呼ばれる小麦やトウモロコシなどは成犬でも消化しにくい食材なので、消化器が未発達な子犬(パピー)にとっては大きな負担になってしまいます。グレインフリーのドッグフードは、穀物でカサ増しをして肉の量を減らすなど低品質なドッグフードと違って、自ずと高たんぱくな高品質のドッグフードになり栄養価の面でも子犬(パピー)の時期にもピッタリといえます。愛犬の健康を考えるなら、子犬(パピー)の時期からグレインフリーのドッグフードを食べさせてあげましょう。

 

関連:モグワンドッグフード口コミ@評判のカナガン以上の食いつきに迫る!

 


>>当サイト限定!初回50%OFFで購入できる「モグワンドッグフード」公式ページはコチラ!

 

 

子犬(パピー)・成犬・シニア犬・老犬まで切り替えなしのドッグフード


市販で販売されているドッグフードの中には「パピー用」「成犬用」「シニア用」などと、ライフステージ別に最適な栄養バランスで作られたものも多数存在します。「パピーに最適!」と書いてあったら、誰でも「お迎えしたかわいい子のために」とパピー用を選びたくなるのが人情と言うものですよね。しかし、年齢に合わせてドッグフードを切り替えることは、決して犬自身にとっては嬉しいことではないのです。むしろ、「食べなれた美味しいごはんから、慣れない味のごはんに変えられた」とストレスを感じてしまうことが少なくありません。

切り替えに失敗すると、どのドッグフードも食べなくなるだけでなく、体調が悪くなったり、最悪の場合はドッグフードの切り替えが原因で病気になってしまうこともあるんです。子犬(パピー)の頃から食が細く偏食気味の犬もいますが、「切り替えを失敗して偏食になってしまいフードジプシーになってしまった」「飼い主が育犬ノイローゼになった」なんて話もよく聞きます。そうなってしまったら、愛犬だけではなく飼い主さんも激しいストレスを抱えてしまいますよね。かといって、子犬用ドッグフードを与え続けると「肥満犬」になる可能性がかなり高いです。
そこで、おすすめしたいのが子犬(パピー)、成犬、シニア犬、老犬、まで切り替えの必要がない全年齢・全ライフステージ対応のドッグフードです。全年齢・全ライフステージ対応のドッグフードは、子犬(パピー)から老犬までずっと同じものを食べ続けられるので、1度そのドッグフードに切り替えてしまえば、もう何歳になっても切り替える必要がありません。

 


「子犬(パピー)と成犬は分かるけど、全年齢・全ライフステージ対応ドッグフードだからってシニア犬や老犬に与えてもカロリーとか大丈夫なの?」と思ってしまう飼い主さんも多いと思います。シニア犬・老犬用のドッグフードはカロリーを抑えるために小麦粉やトウモロコシなどの穀物を使用していることが多いんです。
上記でも説明しましたが、本来犬は肉食なので、小麦粉やトウモロコシなどのグルテンと呼ばれる穀物を消化することを苦手としているので、消化器に負担がかかってしまいます。また、カロリーを抑えるために小麦やトウモロコシなどが多く入っているということは肉類の割合が少なくなってしまい、犬が本来必要としている動物性たんぱく質が十分に摂ることができていない状態になってしまって、シニア犬・老犬用ドッグフードに替えたら「余計に老けてしまった」なんてことにもなってしまうのです。
全年齢・全ライフステージ対応のドッグフードは、低カロリー高たんぱくのドッグフードが多く、グレインフリーのものがほとんどなので、シニア犬・老犬になっても消化器に負担をかけることなく何歳になっても健康を維持することができるんですよ。なので、ドッグフードをそろそろ成犬用にしたいと思っている犬だけではなく、まだまだ子犬(パピー)という場合や、もうすでに成犬になっているという場合、あるいはシニア犬・老犬でもまだまだ元気でいてほしいなど、どの年齢どのタイミングでも切り替えができるというのも特徴です。

 

全年齢・全ライフステージ対応のドッグフードは、愛犬だけでなく飼い主さんのストレスも大幅に軽減できるのでおすすめですよ。

 


>>当サイト限定!初回50%OFFで購入できる「モグワンドッグフード」公式ページはコチラ!

 

 

子犬(パピー)と切り替え時期におすすめなドッグフード

それでは、子犬(パピー)と切り替え時期におすすめドッグフードを3つご紹介します。

 

子犬(パピー)から成犬まで切り替えなしドッグフード「モグワン」


モグワンは、「手作りごはんの品質」を目指して作られた食いつき重視の、全年齢・全ライフステージ対応のヒューマングレードのドッグフードです。食いつき重視と言っても、そのために香料や添加物を使うのではなく、新鮮な生のチキンと生サーモンを使っているので高たんぱくで、動物性たんぱく質の割合は50%以上と、犬が喜ぶ手作りごはんの味と香りを再現しました。

犬の消化器に負担をかけないように「穀物」も一切使われていないので、消化器が未発達な子犬(パピー)にもピッタリのグレインフリードッグフードです。オメガ3脂肪酸や、オメガ6脂肪酸などの不飽和脂肪酸も入っているので、健康な皮膚と美しい毛並みを保つだけではなく免疫力アップ効果も期待できます。愛犬に「見た目が美しいだけではなく体の内側から健康で強くなってほしい」と願うに飼い主さんにおすすめのドッグフードです。

 


>>当サイト限定!初回50%OFFで購入できる「モグワンドッグフード」公式ページはコチラ!

 

関連:モグワンドッグフードが半額!?悪評口コミは本当かお試ししてみた

 

子犬(パピー)から成犬まで切り替えなしドッグフード「カナガン」


カナガンは、全年齢・全ライフステージ対応のグレインフリードッグフードです。人間が食べられる材料だけを使っっているヒューマングレードのドッグフードで、イギリスの広大な敷地で飼育さてている平飼いチキンを使用しているため私たちが食べる鶏肉よりも高品質です。動物性原材料の割合は60%とかなり高たんぱくなので、多くのたんぱく質を必要とする子犬(パピー)時代にも最適なドッグフードと言えます。また、ビタミンやミネラルたっぷりな野菜、そしてハーブが40%配合されているので、犬にとって理想の栄養バランスなのです。

さらに、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸などの不飽和脂肪酸を豊富に含むサーモンオイルが配合されているので、毛並みが美しくなるだけでなく、免疫力がアップして病気になりにくい「強く健康な体」の基礎作りに役立ちます。
カナガンは犬が大好きなチキンメインのドッグフードで、全年齢・全ライフステージ対応なのでドッグフードの切り替えるタイミングも考えることなく、年齢などに左右されることなく切り替えたいと思ったその時に替えられます。
要するに、子犬(パピー)の時期から食べることもできますし、成犬用に切り替えを考えている場合や今のドッグフードに不安がある場合など、その切り替えタイミングは飼い主さん次第でですし、切り替えたら何歳までも年齢に関係なく食べることができるドッグフードです。

 

関連:カナガンドッグフード口コミ@生チキン使用でこの価格!実際の評判は

 

 

 

子犬用(パピー用)から成犬用に切り替えるなら「ナチュラルドッグフード」


ナチュラルドッグフードは、生後7か月から老犬まで対応のグルテンフリードッグフードです。グルテンフリーとは、アレルギーの原因になりやすい小麦やトウモロコシなどの犬が苦手とする穀物を使っていないドッグフードです。穀物を使用しているからといって、動物性たんぱく質が少ないかと言うとそうでもなくて、原材料の最大55%以上が生ラム肉です。ラム肉は、犬にとってアレルギーを起こしにくい食材ですし、その他もアレルギー対応の食材なのでアレルギーが心配な愛犬にも安心して与えることができます。
高たんぱくながらも、玄米などの犬の体に優しい炭水化物を配合しているので便秘解消に効果があります。ただ、全年齢対応ではなく7ヵ月目からしか食べることができないので、子犬用(パピー用)ドッグフードからの切り替えを考えている犬や成犬におすすめのドッグフードです。

 

 

 

子犬用(パピー用)と成犬用ドッグフードの違い−まとめ−

子犬用(パピー用)と成犬用ドッグフードの大きな違いは「カロリー」と「消化吸収のしやすさ」です。子犬は、成犬の2倍のカロリーと4倍のたんぱく質を必要としているため、高カロリー高たんぱくの良質なドッグフードが必要です。しかも子犬(パピー)は成犬よりも食べる量が少ないので、少量でも栄養価が高い高品質ドッグフードでなければなりません。だから、犬の成長が止まる時期に成犬用ドッグフードに切り替えなければ、カロリーオーバーで肥満犬になってしまいますが、犬にとってドッグフードの切り替えは大きなストレスです。それに、ドッグフードの切り替えは子犬から成犬になるときだけではなく、成犬から老犬になる時もあります。

愛犬に何回も切り替えのストレスを与えるよりも、1度切り替えたら子犬(パピー)から成犬、シニア犬、老犬まで食べることのできる全何歳・全ステージ対応ドッグフードを愛犬のために選んであげましょう。今回ご紹介したドッグフードはどれも、高たんぱくで子犬だけではなく成犬にも必要な栄養を十分に満たした高品質でおすすめしたいドッグフードばかりです。子犬(パピー)時期から成犬、シニア犬、老犬と切り替えなしで食べさせたいなら「モグワン」と「カナガン」のどちらか。子犬用(パピー用)ドッグフードから成犬用ドッグフードに切り替えを考えているのなら「モグワン」「カナガン」「ナチュラルドッグフード」から、愛犬にピッタリなドッグフードを選んであげてくださいね。

 


イチオシモグワン



愛犬家がおすすめするドックフードランキング

 

 

ドッグフード