愛犬の涙やけの原因はドッグフードかも@おすすめ改善法と対策ご紹介

犬の涙やけの原因は様々ですが、愛犬の涙やけに悩む飼い主さんは意外と多いようです。涙やけがある犬を見ると「飼い主さんのケアが足りないのでは?」と思いがちですが、実際には定期的にケアしているのに涙やけができてしまっていることが多く、ドッグフードやオヤツが原因になっていることも少なくありません。
そこで、犬の涙やけの原因に迫り、原因別の対策と涙やけが多い犬種とおすすめケアを紹介しています。涙やけ予防に効果的なドッグフードの条件やおすすめドッグフードについてもまとめたので、愛犬の涙やけに悩んでいる飼い主さんは参考にしてください。

 

【目次】
1.犬の涙やけの原因と対策
1-1 犬の涙やけの原因その1:毛やゴミが目に入るのが原因
1-2 犬の涙やけの原因その2:鼻涙管が狭いのが原因
1-3 犬の涙やけの原因その3:アレルギーが原因
1-4 犬の涙やけの原因その4:ドッグフードやオヤツが原因
1-5 犬の涙やけの原因その5:水分不足・運動不足が原因

 

2.涙やけが多い犬種とおすすめケア

 

3.涙やけ改善に効果的なドッグフードの条件
3-1 グレインフリーまたはグルテンフリーのドッグフード
3-2 人工添加物不使用のドッグフード

 

4.涙やけ予防におすすめなドッグフード
4-1 良質なチキンとサーモンのグレインフリードッグフード「モグワン」
4-2 新鮮なチキンの栄養たっぷりグレインフリードッグフード「カナガン」
4-3 アレルギー対応でラム肉使用グルテンフリードッグフード「アランズナチュラルドッグフード」

 

5.愛犬の涙やけの原因はドッグフードかも@おすすめ改善法と対策-まとめ-

 

 

 

犬の涙やけの原因と対策

犬の涙やけと言っても、その原因は様々です。そこで、犬の涙やけの原因と原因別の対策をご紹介します。

 

 

犬の涙やけの原因その1:毛やゴミが目に入るのが原因


人間も目に毛やゴミが入ると涙や目やにが出るように、犬も目に毛やゴミが入ると涙や目やにが出て涙やけの原因になってしまいます。また、犬も逆さまつ毛の場合があり、まつ毛によって眼球が刺激を受けてしまって涙が出て涙やけになってしまうこともあるようです。涙やけの原因が毛やゴミが原因の場合は、目の周りは清潔にカットしてゴミを取り除いてあげることで涙やけはなくなります。

逆さまつ毛の場合は、まつ毛をカットしたり毛抜きで抜いてあげると症状が落ち着いてきますが、目の周りを触られることを嫌がる犬も多く誤って目を傷つけてしまう場合もあるので、獣医師に相談し処置してもらうといいでしょう。

 

 

犬の涙やけの原因その2:鼻涙管が狭いのが原因


鼻涙管という目から鼻の奥に涙が通って抜けていく管がありますが、その鼻涙管が狭いと涙が目からあふれてしまい涙やけになってしまうことがあります。小型犬は生まれつき鼻涙管が狭いことがあり、鼻涙管が狭いのが原因の場合に、それを改善するには動物病院で涙管洗浄などをしないといけません。しかし、処置には全身麻酔を使用するので犬の身体には負担がかかってしまいます。
また、涙管洗浄をしても数カ月後にはまた再発することが多いので、病院でも積極的に処置を勧める獣医師は少ないようです。目の周りの茶色くやけてしまった毛をカットしたり、涙があふれ出たら小まめに拭くことで見た目の改善はできるので、飼い主さんが小まめにケアしてあげるようにしましょう。
しかし、愛犬の目やにがベタベタしていたら生まれつき鼻涙管が狭いのだけが原因ではなく、ドッグフードやオヤツが原因で老廃物が溜まってしまい鼻涙管を詰まらせている可能性があります。そんな場合はドッグフードやオヤツを見直すことで涙やけを改善することができるので、愛犬の涙や目やにの状態をよく観察して、愛犬の食事を見直し涙やけを改善していきましょう。

 

 

犬の涙やけの原因その3:アレルギーが原因


犬も人間のようにアレルギーを持っています。原因がアレルギーの場合は、その原因となるアレルギー物質を除去してあげることで涙やけが改善されます。
しかし、アレルギーが原因の場合は涙やけの他にも様々な症状を引き起こしています。食物アレルギーが原因の場合は、涙やけの他に嘔吐や下痢などの消化器症状と体の痒み、皮膚炎などの症状が起こります。また、花粉やハウスダストが原因の場合は、涙やけの他に体の痒み、皮膚炎、フケが出るなどの症状が起こります。

また、ドッグフードやオヤツに含まれている添加物や小麦粉やトウモロコシなどのグルテンを含む穀物が入っている場合もアレルギー症状が起こる場合があります。添加物や小麦粉やトウモロコシなどのグルテンを含む穀物や添加物は、長く摂り続けていると体調不良を招いてしまい涙やけだけではなく大きな疾患にも繋がります。

食物アレルギーがある場合は原因となる食品を除去し、花粉やハウスダストが原因の場合は花粉が飛ぶ時期は屋外ではなく室内で生活をしたり、小まめに掃除をして室内を清潔に保つことで涙やけとその他の症状を緩和することができます。
ドッグフードやオヤツに入っている添加物や穀物(グルテン)が原因の場合は、人工添加物不使用のグレインフリーもしくはグルテンフリーのドッグフードに切り替えることで涙やけを改善することができます。

 

 

犬の涙やけの原因その4:ドッグフードやオヤツが原因


ドッグフードやオヤツに添加物やグレインを含む穀物が使用されている場合も涙やけの原因になってしまいます。市販の安価なドッグフードには人工調味料、着色料、酸化防止剤、保存料、香料などの人工添加物が使用されていることが多く、それらの添加物を犬が摂り続けると老廃物が溜まってしまい鼻涙管を詰まらせ涙やけの原因になってしまいます。
また、カサ増しをして原材料を安くするために、ドッグフードやオヤツに小麦粉やトウモロコシなどのグルテンを含む穀物を多く使っている場合も、老廃物が溜まってしまい鼻涙管を詰まらせ涙やけの原因になります。

ドッグフードやオヤツが原因で涙やけになってしまう場合は、ドッグフードやオヤツを見直すことで涙やけを改善することができます。長期間に渡って添加物や小麦やトウモロコシなどのグルテンを含むドッグフードやオヤツを食べ続けていた場合は、ドッグフードやオヤツを替えたからといって急激な変化は望めませんが数ヵ月かけてゆっくりと涙やけが改善されていきます。
なので、涙やけ改善には穀物不使用のグレインフリードッグフードもしくはグルテンを含まない穀物を使用しているグルテンフリードッグフードを選んであげてください。オヤツも同様に小麦粉やトウモロコシなどのグルテンを含まないものを選んで、涙やけの予防をしてくださいね。

 

 

犬の涙やけの原因その5:水分不足・運動不足が原因


涙やけの原因で見落としがちなのが、水分不足と運動不足です。愛犬に手作りごはんを与えている場合は、水分をあまり摂取しなくても問題ありませんが、ドライフードを食べている場合はしっかりと水分を摂取させるようにしましょう。水にはデトックス効果もあり、水分を摂取することで老廃物などが体外に排出されやすくなります。涙やけは鼻涙管が詰まってしまうことで発生するので、老廃物を溜めないことと溜まった老廃物は速やかに排出させることが極めて重要と言えます。

また、犬が運動不足になるとストレスが溜まるだけではなく、新陳代謝が悪くなり老廃物が溜まり涙やけの原因になってしまいます。犬種によって必要な運動量は違いますが、愛犬の必要な運動量を把握して十分な運動をさせてあげましょう。水分不足と運動不足になると、涙やけだけではなく犬が体調を崩してしまう原因にもなってしまうので、飼い主さんは愛犬のために新鮮な水と十分な運動を心掛けるようにしてくださいね。

涙やけの原因と原因別対策を紹介しましたが、生まれつき鼻涙管が狭い場合を除いては、飼い主さんが少し気を付けてあげることで涙やけが改善されることが分かったと思います。しかし、涙やけの原因に合った対策をしても、すぐに症状が改善するとは限らないので、焦らずゆっくりと様子を見守ってあげてください。

 

>>当サイト限定!初回50%OFFで購入できる「モグワンドッグフード」公式ページはコチラ!

 

 

涙やけが多い犬種とおすすめケア

涙やけになりやすいと言われている犬種と、その犬たちの共通点を見てみましょう。

 

・パピヨン
・ビションフリーゼ
・ポメラニアン
・シーズー
・トイプードル
・チワワ
・マルチーズ
・パグ
・ブルドッグ

 

この犬種の他にも、涙やけを起こしてしまう犬もいますが、これらの犬種がより涙やけをする犬種と言われており、比較的小型犬が多いことがわかります。涙やけが多い犬の特徴は「目が大きい」ことと「まずる(鼻)が短い」という共通点を持っていて、涙やけが多い犬種の共通点としても当てはまります。

また、涙で被毛が茶色く変色するので被毛の色が薄く白に近い犬は、より涙やけが目立つという特徴があり、逆に被毛が黒に近い犬は涙やけがあっても見た目は気になりません。
しかし、涙やけは見た目だけの問題ではなく、涙がその部分に残り、雑菌を繁殖させてしまう恐れがあります。目立つ目立たないにかかわらず、飼い主さんが定期的に拭き取りケアをして、目の周りの毛をカットするなど清潔に保つことで涙やけの発生を大幅に減らすことができますよ。ただし、強くこすりすぎると目の周りの皮膚や目を傷つけてしまうので、柔らかい布や脱脂綿などをお湯で濡らしたり、涙やけ専用シートなどで優しく拭いてケアしてあげるようにしましょう。

 

>>当サイト限定!初回50%OFFで購入できる「モグワンドッグフード」公式ページはコチラ!

 

 

涙やけ改善に効果的なドッグフードの条件

涙やけの原因は様々ですが、犬の食事が涙やけの原因に大きく関わっていることが分かりました。そこで、上記の「犬の涙やけの原因その4」でもお話ししましたが、涙やけを改善するためのドッグフードの条件について、より詳しく説明します。

 

 

グレインフリーまたはグルテンフリーのドッグフード


ホームセンターやペットショップで販売されている市販のドッグフードは、小麦粉やトウモロコシなどのグルテンを含む穀物が使用されていることが多く、このグルテンが涙やけを引き起こす原因の1つと言われています。犬は元々は肉食動物で、人間と生活を共にするようになり穀物を食べるようになりましたが、現代になっても犬たちは小麦粉やトウモロコシなどグルテンを含む穀物の消化が苦手です。
なので、消化しきれなかったグルテンを含む穀物が老廃物となり溜まってしまい、それらの老廃物が鼻涙管を詰まらせてしまい涙やけの原因になってしまいます。ではなぜ、犬が消化を苦手とする小麦粉やトウモロコシなどのグルテンを含む穀物をドッグフードに使用するのかというと、カサ増しして低価格のドッグフードを作りたいからです。グルテンを含む穀物は、涙やけ意外にもアレルギーなどの犬にとって辛い症状を引き起こしてしまうこともあるので、穀物不使用のグレインフリードッグフードか、グルテンを含む穀物を使用していないグルテンフリードッグフードを選ぶようにしましょう。

 

 

人工添加物不使用のドッグフード


人工添加物が使用されているドッグフードも、グルテンを含む穀物同様に犬が消化できなくて老廃物が溜まってしまいます。また、日本で発売されているドッグフードに使用されている添加物(保存料・酸化防止剤・着色料・香料)の中には、人間には使用してはいけないとされている添加物も含まれており、発癌性のあるものがあるので癌や慢性疾患を誘発させることもあります。
なぜ、犬にとって良くない添加物をドッグフードに使用するのかというと、長期保存するためと肉などの主原材料が低品質なのをごまかし、着色料で見た目を良くして香料で旨みを増すためです。要するに人工添加物を使用しているドッグフードは低品質の原材料を使っているドッグフードといえますし、涙やけの原因になるだけではなく愛犬の体調不良の原因になってしまいます。涙やけのケアだけでなく、愛犬にいつまでも健康で長生きしてほしいのであれば人工添加物不使用のドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

>>当サイト限定!初回50%OFFで購入できる「モグワンドッグフード」公式ページはコチラ!

 

 

涙やけ予防におすすめのドッグフード

涙やけ改善によいドッグフードの条件が分かったところで、その条件にピッタリのおすすめドッグフードを3種類ご紹介します。

 

良質なチキンとサーモンのグレインフリードッグフード「モグワン」


「モグワン」は、全犬種・全ライフステージ対応のドッグフードです。人工添加物不使用のグレインフリードッグフードで、主原材料は平飼いチキンと新鮮なサーモンを使っており、人間が食べられるレベルのヒューマングレードの原材料を全て使っているので、涙やけを改善してくれるだけではなく犬の健康をサポートしてくれるドッグフードです。また、手作りレシピを参考にカナガンのスタッフが理想の食いつきを重視して開発したドッグフードなので、偏食気味の犬でも喜んで食べると評判です。「モグワン」は、涙やけ改善と愛犬の健康、理想の食いつきを実現したドッグフードです。

 


>>当サイト限定!初回50%OFFで購入できる「モグワンドッグフード」公式ページはコチラ!

 

 

新鮮なチキンの栄養たっぷりグレインフリードッグフード「カナガン」


「カナガン」は、全犬種・全ライフステージ対応のドッグフードです。平飼いチキンを主原材料とし、動物性タンパク質が60%、ビタミンとミネラル豊富な野菜とハーブを40%使用した高タンパクのグレインフリードッグフードで、人工添加物を一切使用していません。人間が食べられるレベルのヒューマングレードの素材を使用し、犬にとって理想の栄養の配合のため消化がよく、時間をかけて吸収されるので愛犬の身体に負担をかけず涙やけにも効果的です。「カナガン」は、理想の栄養バランスで愛犬の涙やけを対策し、健康を維持してくれるドッグフードです。

 


>>添加物不使用で理想の栄養バランス!涙やけにも効果的「カナガン」ドッグフード公式ページはこちら

 

 

アレルギー対応でラム肉使用グルテンフリードッグフード「アランズナチュラルドッグフード」


「アランズ ナチュラルドッグフード」は全犬種・7ヵ月目から与えることのできるグルテンフリードッグフードです。アレルギーが起こりにくいとされるラム肉を最大55%も使っており、小麦・大豆・トウモロコシなどのアレルギーが起こりやすい素材を使わないアレルギー対応のドッグフードです。人工添加物を一切使わず、消化吸収も良いので涙やけ改善にも効果的で、犬の身体に負担を与えずたっぷりの栄養を補給できます。「アランズ ナチュラルドッグフード」は、涙やけ改善だけではなくアレルギーの心配がある愛犬にも安心して与えることのできるドッグフードです。

 


>>アレルギー対応で涙やけ改善に効果がある「アランズ ナチュラルドッグフード」公式ページはこちら

 

 

愛犬の涙やけの原因はドッグフードかも@おすすめ改善法と対策-まとめ-

犬が涙やけになる原因は様々ですが、飼い主さんが少し気を付けてケアをしてあげることで涙やけは改善されることが多いようです。生まれつき鼻涙管が狭い場合でも、小まめに涙を拭き目の周りを清潔に保つことで涙やけは少し改善されますし、身体に老廃物を溜めないような食生活をすることで、ほとんどの原因の涙やけが改善されることが分かりました。
涙やけを改善するドッグフードの条件は「グレインフリーまたはグルテンフリー」と「人工添加物不使用」のドッグフードです。しかし、せっかく健康的で涙やけ改善にいいドッグフードでも、犬が食べてくれなければ意味がありません。このページでご紹介した「涙やけ予防におすすめのドッグフード」は、涙やけ改善だけではなく犬が喜んで食べると評判のドッグフードばかりです。
涙やけを外側からケアするだけではなく、涙やけ改善に効果的なドッグフードで愛犬の身体を内側からもサポートして涙やけを改善しましょう。

 

 

 


イチオシモグワン



愛犬家がおすすめするドックフードランキング

 

 

ドッグフード