お腹が弱い犬にどんなドッグフードを選ぶべき?下痢の原因と改善法

愛犬が下痢や軟便を繰り返すと何かの病気か胃腸や消化疾患があるかと心配になってしまいますが、人間にも胃腸が弱いという人がいるように、犬も個体によって便の硬さは違く、生まれつき胃腸が弱く軟便や下痢になりやすい犬もたくさんいるようです。
そして、お腹が弱い犬には共通の特徴があるようなので、犬の下痢の原因や正常な便通と下痢や軟便の見分け方について紹介したいと思います。
また、犬の下痢には大きな病気が隠れている可能性もあるので、犬が下痢になった時に考えられる胃腸・消化疾患についてもまとめてみました。その他にも、生まれつきお腹が弱い犬の下痢を改善する方法やドッグフードの選び方についても紹介しているので、愛犬のお腹が弱くて心配な飼い主さんはぜひ参考にしてください。

 


【目次】
1.お腹が弱い犬の特徴と下痢の原因

 

2.犬の下痢・軟便と正常な排便の見分け方

 

3.犬が下痢になる胃腸・消化疾患とは

 

4.お腹が弱い犬の下痢を改善する方法

 

5.お腹が弱い犬のドッグフードの選び方

 

6.お腹が弱い犬の下痢の原因と改善法-まとめ-

 

 

お腹が弱い犬の特徴と下痢の原因

犬は人間に比べて下痢をしないイメージを持っている人も多いかもしれませんが、人間でも胃腸が弱い人がいるように生まれつきお腹が弱い犬もいるようです。

 

犬種によって下痢をしやすいということはありませんが、生まれつきお腹が弱い犬は下痢や軟便になりにくい犬と比べて腸内温度が低く、腸の動きが弱いという特徴があります。

 


しかし、生まれつきではなくてもお腹が弱く下痢をしやすいという犬もいます。

 

犬は胃腸炎などの病気でも下痢をしますが、病気の場合を除くと急激な温度変化、過度のストレス、食事の変化や体質に合わない食事を与えているなどが下痢をする原因と考えられます。

 


犬の腸は少数の寄生虫に感染していることもありますが、健康な状態なら発症しないので問題ありません。

 

しかし、何らかの原因で免疫力が低下すると善玉菌と悪玉菌がバランスがとれず、腸内にいる寄生虫や悪玉菌が急に繁殖してしまい犬の下痢の原因になってしまうこともあるようです。

 

犬の免疫力を低下させる原因はたくさんありますが、1番身近な原因は体温の低下と過度なストレスといわれています。

 

犬の身体が冷えると、腸内温度が低くなったり筋肉や内臓への血のめぐりが悪くなり、免疫力を低下させてしまって下痢などの症状を引き起こしてしまいます。

 

過度なストレスも免疫力を低下させて下痢を引き起こしてしまうので、お腹が弱い犬の飼い主さんは特に、急激な温度変化を避けて犬の身体を冷やさないことやストレスを溜めない環境作りを心掛けたいですね。

 


その他にも、食べムラがあったり偏食気味だからといって頻繁にドッグフードを替えていると消化が追い付かなくなって下痢をしやすくなってしまったり、ドッグフードが犬の体質に合わず下痢をしてしまうこともあるようです。

 

愛犬が健康で長生きするためにも腸内環境を整えたり、身体を冷やさないようにするなどの体調管理と共に、犬の腸に負担をかけないようなドッグフードを選んであげるようにしましょう。

 

>>お腹のことを考えて作られたドッグフード「いぬはぐ」公式サイトはこちら

 

 

犬の下痢・軟便と正常な排便の見分け方

犬の排便の回数や硬さには個体差がありますが、しっかり食事をしているのに数日排便をしていない場合は便秘、排便回数が急に増えたり水っぽい便をしている時は下痢をしていると考えられます。

 


正常な排便回数だけどいつもよりもちょっとだけ軟便という場合は、正常な排便と考えてそれほど心配しなくてもいいでしょう。

 

下痢ではなくちょっと軟便な場合でも普段よりも排便回数が多い場合や、普段の排便回数だとしても水っぽい便が出ていて明らかに普段の便と違うと感じる場合、下痢だけではなく嘔吐がみられる場合や便に血が混じっている時は何らかの病気にかかっている可能性があります。

 


お散歩をしている時にしか排便しない犬や室内のトイレでも排便できる犬、飼い主に褒められたくて数回に分けて排便をする犬など、排便の硬さだけではなく回数も犬によって様々なので飼い主さんが普段の犬の排便の回数や便の硬さを把握していて、ちょっとした体調の変化に気付いてあげることが大切ですね。

 


普段はあまり下痢をしない犬が下痢をしていると体調が悪いことに気付きやすいですが、普段からお腹が弱い犬の場合は、いつもの軟便や下痢なのか病気の下痢なのか判断するのは難しいかもしれません。

 

しかし、愛犬の様子がいつもと違っていて心配な時は、動物病院に受診しましょう。

 

>>美味しくて腸に優しいドッグフード「いぬはぐ」公式サイトはこちら

 

 

 

犬が下痢になる胃腸・消化疾患とは

お腹が弱い犬の特徴や下痢の原因、下痢や軟便と正常な便の見分け方について説明しましたが、犬の下痢や軟便には大きな病気が隠れていることもあります。そこで、下痢を伴う胃腸・消化疾患について調べてみたので参考にしてください。

 

◆急性胃腸炎の症状

 

突然嘔吐や下痢などの症状がみられ、食欲や元気がなくなって腹痛などの症状が出ることもあるが、通常は症状が出ても短期間で完治する。
症状が軽い場合は嘔吐や下痢は頻繁には起きず、食欲や元気があることもある。
胃炎のみの場合は主に嘔吐がみられ、腸炎の場合は主に下痢で時には嘔吐もみられる。

 

急性大腸炎の原因

 

 

◆大腸炎の症状

 

大腸の粘膜が炎症を起こして、軟便や下痢になり便に粘膜が混じっていることもあり、炎症が進むと血が混じった便が出ることもある。
腹痛を伴う便通が頻繁に起こるため、便が出ないのにトイレなどで排便姿勢を取るようす場合もある。

 

大腸炎の原因

 

 

◆膵炎の症状

 

急性膵炎と慢性膵炎があり、急性膵炎の場合は突発的な嘔吐や下痢、激しい腹痛があり食事を一切摂れなくなる。
慢性膵炎の場合は、嘔吐や下痢などの症状が慢性的に長期間に渡って繰り返されることが多い。

 

膵炎の原因

 

犬が下痢を伴う胃腸・消化疾患で多いとされている3つの疾患についてまとめてみました。

 

急性胃腸炎や軽い大腸炎などは、ストレスや食べ過ぎでもかかってしまう犬もいるので、愛犬が下痢や嘔吐などをしてしまい動物病院に連れて行ったときに急性胃腸炎や大腸炎と診断された経験がある飼い主さんも多いのではないでしょうか。

 

しかし、犬の膵炎は1度かかると完治は難しいだけでなく、何が原因で発症するのかも実際には分かっていないので、予防方法がないのが現状です。

 

ただ、高脂質の食事をしている犬やカロリーの高い人間の食事を食べたことによって膵炎を発症している犬も多いことから、食べ物にも左右される病気のようです。

 


犬の膵炎の明確な予防法はありませんが、犬の健康を維持して下痢や病気を防ぐには食べ過ぎや肥満を防ぐとともに犬のお腹に優しく消化吸収の良いドッグフードを選んで体調管理をするということも大切なようですね。

 

>>愛犬の体調管理を徹底したい飼い主さんにおすすめ「いぬはぐ」公式サイトはこちら

 

 

 

お腹が弱い犬の下痢を改善する方法

犬の下痢は病気をしている場合などを除くと、生まれつきお腹が弱いか、急激な温度変化、過度のストレス、食事の変化や体質に合わない食事を与えているなどが下痢の原因と考えられます。

 

生まれつきお腹が弱い犬は下痢をあまりしない犬と比べて腸内温度が低く腸の動きが弱いので、免疫力の低下と腸内環境悪化が下痢の原因になっている可能性があります。

 

そんな生まれつきお腹が弱い犬の下痢を改善するには、急激な気温の変化を避けて犬の身体を冷やさないということも大切ですが、腸内環境を整えることと消化の良い食事も大切です。

 


また、生まれつきお腹が弱いわけではないけれど下痢をすることが多い犬や、季節の変わり目に下痢などをして体調を崩してしまう犬などは、急激な温度の変化で犬の身体を冷やしていたり、何らかのストレスを感じている、食事の変化や体質に合わない食事を与えているなどの原因が考えられます。

 

急激な温度の変化で犬の身体を冷やしてしまうと筋肉や内臓への血のめぐりが悪くなり免疫力を低下させてしまうようなので、季節の変わり目に下痢をしたり体調を崩してしまう犬が多いのはそのせいかもしれませんね。

 


過度のストレスも、免疫力を低下させてしまうのでストレスを与えない環境作りとともに、免疫力を高めてくれるドッグフードを選ぶようにしたいですね。

 

食事の変化や体質に合わない食事を与えている場合も犬は下痢をしてしまうので、頻繁にドッグフードを替えることは避けて、アレルギーを起こしにくく犬の身体に優しいドッグフードを選んであげてください。

 

 

>>犬の身体に優しいドッグフード「いぬはぐ」公式サイトはこちら

 

 

お腹が弱い犬のドッグフードの選び方

生まれつきお腹の弱い犬だけでなく、季節の変わり目やちょっとした変化で下痢をしてしまう犬は意外と多く、飼い主としては心配になってしまいますよね。

 

下痢を伴う犬の疾患で急性胃腸炎、大腸炎、膵炎を紹介しましたが、犬の腸内環境が悪化すると内臓疾患や食道炎なども引き起こしてしまうこともあります。

 


お腹が弱く下痢をしやすい犬にはドライタイプのドッグフードがよさそうに思えるかもしれませんが、ただドライタイプのドッグフードを選ぶだけでは消化不良を起こしてもっと下痢が酷くなる場合があるので、ドライタイプ、ウェットタイプに関わらず消化吸収の良いドッグフードを選ぶ必要があります。

 

また、人口保存料などの添加物を使用していない添加物不使用はもちろんのこと、全ての素材が人間が食べられる食材でできているヒューマングレードのドッグフードを選ぶようにしましょう。

 


更に犬の腸内の善玉菌を保つために乳酸菌やオリゴ糖を配合していたり、犬のエネルギー源であるアミノ酸や免疫力維持をサポートして健やかな身体を内側から守ってくれるEPAやDHAなどが配合されているドッグフードが犬のお腹のことを考えて作られているのでおすすめです。

 

しかし、どんなに良いドッグフードでも愛犬が食べてくれないと意味がないですし、実際に犬が食べてみないと食いつきはもちろん合う合わないなどは分からないので、お試し用のドッグフードや、初回お試し価格で購入できるドッグフードがあると飼い主さんとしては嬉しいですよね。

 

そこで、おすすめしたいドッグフードが「いぬはぐ」です。

 

「いぬはぐ」は犬のお腹のことを考えて作られたドッグフードで、定期便で購入すると初回980円のお試し価格で購入でき、解約や周期変更はいつでも可能なので、犬のお腹に優しいドッグフードを探している飼い主さんはぜひ試してみてください。

 


>>初回980円のお試し価格で購入できる「いぬはぐ」公式サイトはこちら

 

 

 

お腹が弱い犬の下痢の原因と改善法-まとめ-

人間でもお腹が弱い人がいるように、犬でも生まれつきお腹が弱い犬もいますし、普段は下痢などしない犬が下痢をしてしまうこともあります。

 

生まれつきお腹が弱い犬は下痢や軟便になりにくい犬と比べて腸内温度が低く、腸の動きが弱いという特徴があります。

 

胃腸や消化疾患などの病気の場合を除くと急激な温度変化、過度のストレス、食事の変化や体質に合わない食事を与えているなどが下痢をする原因です。

 


しかし、急激な気温の変化を避けて犬の身体を冷やさないように気をつけたり、腸内環境を整え免疫力を高める消化の良い食事を与えることで犬のお腹が弱いのを改善したり、犬の下痢は改善することができることがわかりました。

 

愛犬のお腹が弱いと感じていたり、季節の変わり目やちょっとした変化で体調を崩して下痢をしてしまうと感じている飼い主さんは「お腹が弱い犬のドッグフードの選び方」を参考に、ドッグフードを見直して愛犬に合うドッグフードを見つけてあげるといいかもしれませんね。

 

犬のお腹のことを考えて作られたドッグフード「いぬはぐ」もおすすめなので、ぜひ検討してみてください。

 

 


>>犬のお腹に優しいドッグフード「いぬはぐ」公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

 


イチオシモグワン



愛犬家がおすすめするドックフードランキング

 

 

ドッグフード